自己紹介-晩婚理系男子編-

2021/12/29 2-minute read

はじめまして。

とあるゲーム会社でエンジニアをしているじぇんきんすと申す者です。

少し前に結婚しまして・・いやありがとうございます。

とは言いつつも、40台も半ばにしての晩婚。

お互い恋愛って年齢でもないよねってことで、あくまで協力して生活をするパートナーとしての結婚です。

契約婚、とまではいかないのですが、やはり恋愛結婚とは違います。

だからというわけではないのですが、セックスレスで、既婚でありながら童貞でございます。

いやまあ、別にそれがアイデンティティというわけではありません。

つまり、童貞であることを恥に思ってるわけでもなければ、誇りに思ってるわけでもないということです。

書くかどうかは迷ったのですよ。

が!結構珍しいと思うので、PVを少しでも増やす為、隠す必要はないとあざとく考えた次第です。

さて、それでも、もちろん仲良くやっていきたいわけです。

残念ながら僕は結構なコミュ障です。

ちなみに「僕」と書きましたが、普段は一人称をほぼ使っていません。妻のことも○○さんと呼んでいます。この辺は読みやすさを考えて統一します。

コミュニケーション不足を補う為に、交換日記はどうだろう?、と思うこともありました。

しかし、それなりに妻の性格も分かってきており、嫌がりそう、と推測しました。

そこで、一方通行でもいいから日記を書くか! → せっかく時間を割いて書くならあわよくば副業に出来ないだろうか?

というわけでのこのブログです。

よろしくおねがいします。

妻は理系ではありません。

妻からしたら理系の僕はかなり異質な存在のようです。

実際、そのことは結婚相談所で紹介された女性達からも散々思い知らされました。

ずっと理系のコミュニティにいた僕にとって当たり前のことが妻にとってはそうではない。

逆もまたしかり。

妻とのズレを感じた時にそれが何故なのか、どう解決していくか、あるいは解決したか。

いわゆる理系男子の考え方や気持ち。

その辺りをつらつらと書いて行きます。

妻との関係を深めるためが第一義ですが、似た境遇のカップル・夫婦とも共有出来たらと思います。