ブログ構築02: Visual Studio Code(Remote - SSH)

2022/1/10 2-minute read

Visual Studio Code

Microsoftのテキストエディターです。メモ帳の超強化版みたいなものです。

豊富な拡張機能が存在しており色々できます。

以降、VS Codeと略す場合があります。

インストール

以下からダウンロードしてインストールします。

Visual Studio Code

[Download for Windows]

Remote - SSH

拡張機能のインストールを行います。

サイドバーから検索してRemote - SSHをインストールします。

VScode_ssh01

サイドバーにリモートエクスプローラー(上から4番目)が追加されます。

VScode_ssh02

SSH TARGETSにマウスオーバーして歯車アイコンをクリックします。

“C:\Users\ユーザー名.ssh\config"を選択します

VScode_ssh03

VS Codeでconfig**が開くので以下のように編集して保存します。

IdentityFileは、ダウンロードしたSSH鍵の保存パスを記述します。Userはcentos固定です(WebARENA Indigoの仕様です)

Host 任意の名前
    HostName インスタンスに与えられたIPアドレス
    User centos
    IdentityFile "C:\Users\USERNAME\.ssh\private_key.txt"

SSH TAEGETSに作成したHostが追加されます(画像はこのサイト名の場合です)

VScode_ssh04

ホスト名の横のアイコンをクリックします。

新しいウィンドウが開き、おそらく初回はファイアウォールの警告が出ますのでアクセスを許可します。

VScode_ssh05

これも初回だけですが、接続先のHostの種別を聞かれますのでLinuxを選択します。

VScode_ssh06

接続に成功するとウィンドウ左下に"SSH: Host名"が緑色で表示されます。

これで、VS Codeから直接Host上のファイルの編集もできるようになりますが、Host上でコマンドを実行する必要があるので、ターミナルを開きます。

VScode_ssh07

以下のようにコマンドプロンプトが開きます。

VScode_ssh08

次はこのコマンドプロンプトを使ってHost上での設定を行っていきます。